学校保健

徳島県眼科医会会員は、児童・生徒の目の健康を守るため、 一部の町村を除き徳島県下のほとんどの幼稚園、小学校、中学校、 高校の眼科健診をしています。

 

眼科健診の重要性

眼科健診が重要であることは言うまでもありませんが、健診のあり方は変わろうとしています。昔はトラコーマなどの目が赤くなる病気が主体でしたが、これからは視力・斜視・弱視などの視機能を重視するようになります。斜視・弱視の治療は、小学校入学前に行わないと効果が期待できません。したがって、3~5歳児の眼科健診が重要です。

 

コンタクトレンズの障害

コンタクトレンズ装用者の低年齢化が進み、小学生でも使用しているケースも増えています。
日本眼科医会の調査では、コンタクトレンズによる障害は、使用者の100人に1人の割合で認められています。
これは、眼科で治療した数で、眼科に来なかった人を入れるともっと増えます。失明など重篤な障害が出ないよう早期に発見し、生徒に正しい使い方を指導することも大切なことです。
コンタクトレンズの障害については、日本眼科医会の目についての健康情報をご覧下さい。